センター長メッセージ

10年を経て、新しいフェーズへ!齊藤直人J-PARCセンター長年頭挨拶

センター長メッセージ

 日頃より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 令和二年の年頭にあたり、一言ご挨拶申し上げます。

 昨年の10周年記念シンポジウムでは、著名な科学者たちと、文化人類学者の中沢新一さんをお招きし、「社会における科学の役割、世界における日本の役割」と題して、パネル討論を行いました。その中で、社会に貢献する科学技術そのものだけでなく、科学的な考え方を伝えていくことの重要性が浮き彫りにされました。

 人類の知のフロンティアを開拓する学術研究がJ-PARCの柱の一つですが、同時に、気象危機など世界規模で取り組むべき課題に貢献することがますます重要になります。今年から次世代ニュートリノ振動実験の建設が開始されるなど、J-PARCでも更なる大強度化と高度化が始まります。同時に、新型電池材料の開発、固体による冷却原理の開発など、温室効果ガス削減に寄与する技術などの研究開発も、加速して参ります。

 加えて、科学の魅力と、科学的な考え方の重要性を、より多くの方々に理解していただけるよう、今後も一層の力を入れていくことをお誓いして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

令和2年1月吉日
J-PARCセンター長
齊藤 直人