加速器施設

加速器施設の概要

大強度陽子加速器施設J-PARCの加速器は

  • リニアック(400MeV)
  • RCS(シンクロトロン、3GeV)
  • MR(シンクロトロン、30GeV)

の三台で構成されています。
各加速器で世界最高クラスの高エネルギー陽子ビームを生成し、物質・生命科学実験施設、ハドロン実験施設、ニュートリノ実験施設にビームを供給します。各実験施設で水銀、金、炭素などの標的に陽子ビームを衝突させて発生させた中性子、ミュオン、K中間子、µニュートリノなどの二次粒子は最先端の実験に利用されます。

accelerator_ja140218.jpg

最新情報

トピックス

J-PARC News 加速器ハイライト

これまでのお知らせはこちら(旧ウェブページ)

技術情報

委員会・会議等

  • ATAC (Accelerator Technical Advisory Committee) 2019 : 2019.2.28 -- 3.2

資料・出版物

  • ACCELERATOR TECHNICAL DESIGN REPORT FOR J-PARC
    • Accelerator Group, JAERI/KEK Joint Project Team
    • KEK report, 2002-13, JAERI-Tech 2003-044, J-PARC 03-01
    • March 2003
    • web page(J-PARC intra)

旧ページへのリンク

旧 > J-PARCの各施設 > 加速器

旧 > 加速器 > 研究者の方へ(旧ページ)